農業経営支援アプリ「アグリマネージャー(Agri Manager)」

Agri Managerのウェブサイトへようこそ!

アグリマネージャー(Agri Manager)は、日本の農業の発展とグローバル化を願い2014年に誕生しました。

アグリマネージャーを通じて、農業の根幹となる栽培ノウハウを次の世代に確実に継承することはもちろん、大切な顧客情報を管理したり、経営情報を把握するプラットフォームを提供しています。

さらに開発段階から英語化を行い、日本から世界へとグローバルな展開を図るお客様にもご満足いただけることを目指しています。

また、使用するデバイスやOSを選ばず、パソコン、スマホ、タブレット、iOSでもアンドロイドでも使用できる、正真正銘のクラウドシステムです。

アグリマネージャーは料金体系を明確に示すことで、お客様に安心してサービス選定を行っていただけるよう徹底した情報開示を図っています。

~ 農業経営向けクラウドソリューション Agri Manager ~

アグリマネージャーは、日々の栽培管理から、商品や資材の入・出庫管理、商品別・顧客別の損益管理など、農業経営全般をカバーするとともに、チャット機能を活用した情報共有が可能な業務支援アプリケーション(ソフトウェア)です。

クラウド型なので、面倒なソフトウェアのインストールは不要。申し込んだその時点から利用開始できます。また、インターネット環境があれば、いつでもどこでも最新のデータにアクセスし、データを更新したりリアルタイムで情報を共有することが可能です。

agrimanager_flyer_22.1_circle

アグリマネージャー(Agri Manager)には、農業経営に必要な「栽培管理」、「生産管理」、「販売管理」、「経営管理」などが装備されていて、営農活動をしっかり支えます。

農業向けSmall ERPシステムとしての役割

アグリマネージャーは、作物の生産から始まり、圃場で働くスタッフの管理から、製造、加工、在庫、販売、その後の顧客フォローアップまで、お客様のさまざまなニーズにお応えします。利益を生まない管理業務の効率化を図り、「利益を生む活動」の時間を増やすことに貢献します。

農業支援アプリ「アグリマネージャー」は、営農活動を幅広く支えるために以下の機能を提供しています。

固有の農業環境に合わせたカスタマイズが可能

アグリマネージャー(Agri Manager)は安心・安全なプラットフォームの上に、農業経営をサポートするさまざまな機能が標準装備されています。同時に、お客様のニーズや利用環境に応じて機能をカスタマイズすることが簡単にできます。もちろん、標準機能はしっかりプロテクトされていて、データが消失するような心配はありません。

組織ん運営に必要な情報共有機能

アグリマネージャーは、一般の農業向け業務管理ソフトウェアにはない、”みんながつながる”環境を提供するグループウェアです。組織に所属するチームメンバーを作ったり、顧客や外部の取引先とのグループを作成するなど、合計5,000名までのユーザを登録することがことができます。

農業経営を成功に導く透明性を高めた価格設定

アグリマネージャー(Agri Manager)の料金体系は以下の通り、1ライセンス単位に1か月あたりの料金が設定されています。お客様の利用環境に合わせた機能と利用者数の組合せが可能で、業務効率化の実現を目指した最適な投資を行うことができます。

「すべてはお客様のために」 それはアグリマネージャーの開発原点です。

アグリマネージャーエンタープライズ版のトライアルお申し込みはこちら

アグリマネージャースタンダード版とアボカドネットのトライアルお申し込みはこちら

重要なお知らせ

アグリマネージャー(Agri Manager)を真似た呼称を使用したブランドの商業活動には十分ご注意ください。

当社が事業を推進している農業経営支援のソフトウェア「アグリマネージャー(Agri Manager)」は、2014年のリリース以降、お客様のご支持をいただき日本農業新聞を始めとする各種メディアで紹介されました。また、農林水産省主催のイベントでは、ICTを活用した農業支援ツールとしてご紹介を行っています。こうした状況の下、アグリマネージャーに酷似した名称を使用しサービスを提供している組織が存在します。当社[1]といたしましては、行動規範[2]に沿って正しく情報を取り扱うとともに、誤った行動をとらないインテグリティをコーポレートポリシー[3]の一つとして事業活動を行っています。

[1] 株式会社クリエイティブハウスコーポレーション
[2] 行動規範
[3] 経営理念